そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

写真を描く!(基本的には)練習5

写真を描く!

写真を描いていこうと思います。

いい感じに描けるようになると、いいですよね。

7月、そういえば、今年も夏がやってきましたね。

時間って、どんどん進んでいきますね。

たいへんですね。

 

 

それでは描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170716033725j:plain

 

うん?

どうした。

なるほど。なるほど。

 

更に描いてみましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170716034004j:plain

 

うん。うん。うん。

なんだか、顔がニョンってなってますね。

ニョンて・・・。

 

 

う~ん。

なんだろう。

この停滞感。

どうなんだ。ほんとうに画力は向上しているのだろうか?

初回を振り返ってみましょう。

 

biglaugh.hatenablog.com

 

多少なりとも、いい感じにはなっていますね。

少し安心しつつ、更に描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170716034234j:plain

 

う~ん。

パーツ、パーツが、雑ですね。

足なんか、なかなかどうして。

 

写真を見ただけだと、なかなか難しいですね。

ありのままを、ありのまま描く。

そんなことがデキたなら、いいんでしょうね。

 

これまで生きてきた過程で、素直さを失ってしまったのでしょうか。

色んなフィルター越しに、世界を見てしまっているんでしょうね。

多少、話しが脱線しつつ、ですね。

 

素直になれないなら、

パーツの形をしっかり、把握したいものですね。

 

なにかよき方法はないものかと、

購入してみました。

 

f:id:kotobatoasobi:20170716145545j:plain

 

身体のパーツが詳しく掲載された本を、比較してみた結果、

個人的に、これが自分にはいい感じなんじゃないだろうかと。

ただ、

本のタイトルにある、スカルプターってなんだろう?

なんでも、彫刻家だそうです。

ググったら、より詳しい内容がわかるかもですね。

現代だと、3Dで人物やキャラクターを制作する方も広い意味で、入っているのかもしれませんね。

 

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

 

 

 

本を購入しただけで、

勝手にいい感じに描けるようになると、嬉しいんですけどね。

無論、自分で手と頭をしっかり動かしてですね。

よし! なかなか、どうして。

 

 

少しでも、

いい感じに描けるよになると、幸いですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20170716150815j:plain

 

夏が終わった頃には、

より、いい感じになっていると嬉しいですね。

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。