そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

陰影を描く!練習2

陰影を描く!

どうすれば立体的に描けるのだろか?

影だな。

しっかり影をつけることを考えていこうと思います。

いい感じになるといいですよね。

 

とりあえず、なにか描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170618030353j:plain

 

そして、このまま、ペン入れを行っていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170618030450j:plain

 

髪の毛はペン入れしないとう言う試み。

髪の毛のラインをマッキーでペン入れしてしまうと、

どうにもこう、う~ん。

なんだか、違和感がある気がしますね。

 

biglaugh.hatenablog.com

 

ならば、

髪の毛自体を色ペンで描いてしまおう!

そして、最終的に陰影をつけていきたいと思います。

 

いろいろ試してみて、発見があるといいですよね。

とりあえず、色鉛筆を使用して、全体を薄く塗っていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170618031020j:plain

 

全体を薄めに塗っておいて、

陰影をつける感じですね。

 

アナログでデキたなら、それをデジタルにも活かせそうですね。

でも、得意不得意はあるのかもしれませんね。

 

 

よくよく考えてみたら、陰影って色の濃さですよね。

光が当たっていないところは、薄い色で!

光が当たっていないところは、濃い色で!

濃い・薄いっていうのは、比較したうえでの話しですもんね。

なるほど。

 

それでは、

右斜め上から光が当たっていると想定して、

色を塗っていきたいと思います。

 

どうでしょう。

いい感じになるといいですよね。

 

右斜め上から光が当たっているイメージです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170618031559j:plain

 

おおっ!

なんだか、現状打破のきっかになりそうな、ならなそうな。

ちょっとした光明が遠くにあるような、ないような。

 

ただ、

悔やまれる点は、

灰色の色鉛筆を持っていないため、

影の箇所に黒の色鉛筆をしようせざるえないという、怠惰さ。

 

こまったものですね。

それでも、試行錯誤して、

いい感じのモノが描けるようになれれば、幸いですね。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。