そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

色を塗る【デジタルで色を塗る6】

色を塗る!

色、塗っていきましょう。

デジタルで塗っていきましょう。

使用しているソフトは『CLIP STUDIO PAINT』です。

 

ではまず、

描いていきましょう。

シンプルなモノではなく、少し複雑なモノを描いてみたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170603164012j:plain

 

シャーペンで描いたのですが、

なんだか見えにくいですね。

このまま、ペン入れを行っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170603164111j:plain

 

見やすくなりました。

なんだか、いい感じですね。

ただ、立体的に見せる描き方をもっと、考えなければいけなそうですね。

 

なにはともあれ、

色を塗っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170603164636j:plain

 

とりあえず、

大まかに色、置いてみました。

 

で、

画角が小さくなりましたね。

これは、

A3サイズのモノが、使用しているスキャンの大きさにハマらない問題です。

 

縦で描いたなら、イケるんじゃん!なんて推測してみたところ、ハマりませんでした。

あまい。なんたる認識のあまさなのでしょう。

 

哀しいですね。

とても哀しいですね。

 

でも、

描く画用紙のサイズを小さくすれば、解決ですね。

もしくは、

大きなコピー機を購入です。

 

ほんとうは、大きいコピー機が購入できるといいんでしょうね。

ただ、ええ。

そうですね。

 

少し話が反れましたが、

引き続き、色を塗っていきたいと思います。

以前は色ぬっちゃえば、終わりだろうと考えていたのですが、

どうやらそうでもないです。

 

ここから、影を加えたり、細かいディテールの調整に入っていくのですね。

 

f:id:kotobatoasobi:20170603165710j:plain

 

う~ん。

とりあえず、影をつけてみました。

が、何をしていいのか、わかりません。

で結果、ディティールを詰めることができないという事実。

選択肢がないという・・・。

 

これは一旦、

方法を学ぶ必要がありそうですね。

 

そして、

いい感じのモノが描けるようになるといいですね。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。