そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

色を塗る【デジタルで色を塗る3】

色を塗る!

今回もデジタルで塗っていきたいと思います。

多少はデジタル慣れしたきたでしょうか。

慣れてきて、色々出来るようになると、すごくいい感じのモノができそうですよね。

いや、慣れだけではないですね。

知識と技術が必要ですね。

 

いや~、すごく遠くにある気がしますね。

少しでも、楽し気な道中になれば幸いですよね。

 

なにはともあれ、

塗るために、描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170531014454j:plain

 

最初は、あぐらをかいているだけの女の人だったのですが、

なんでしょう。

なにも、面白みがないぞ。

なんだこれはと!

こわい、こわい!

 

で、結果。

角と羽と生やし、足をロボットぽくしてみるという・・・。

ただ、思います。

 

じゃあこれは本当に、面白みがあるのだろうか?

ね~。

たいへんですね。

 

ただただ、あぐらをかいている可愛らしい女の人を描き、

人様に堂々と見せれる!

それって、すごいことですよね。

 

サッ!と透明感だけを武器に差し出せる。

そこには、なんのあざとさもなく。

ただただ、自然に。

きっと無造作に、片手に載せて。

 

若さは強さ。

鈍感だからこそ、強靭な強さ。

そんなことに無自覚な十代。

 

そう考えると、

大人になってしまいましたね。

ああ~、もう十代には戻れない。

勢いだけでは、前に進めないかもしれません。

なればこそ、

大人は頭を使わなければ、ですね。

 

しっかり、

意図をもって、描いていきたいものですね。

 

だいぶ話が反れましたが、

色を塗っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170531015620j:plain

 

うん、うん。

大雑把。

 

ディテール、もっと頑張っていきましょう。

色を塗るならこそ、下描きが、いい感じじゃなきゃダメなんでしょうね。

根幹をしっかりやれるといいでしょうね。

 

改めて、顔のパーツ、身体のパーツ、しっかり描けるようにしたいですね。

それと、立体感ですね。

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。