そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

好き勝手に描いてみる!

好き勝手に描いてみる!

足がキレイに描けない、手が自然に描けない。

立体的なポーズを描くのが難しい。

などなど、問題点は多々あります。

 

ならば一旦、逆に好きに描いてみよう!

何かしら、発見があるのでは?

もしくは、具体的な解決方法が見つかれば幸いですね。

で、もって、

描いたことのない、幼少期の男子、女子を描いてみましょう。

ではさっそく描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170521201618j:plain

 

メカ化されていますね。

手に持っている鞄に、武器を入れてみたところ、

幼少期の男子、女子が武器を持っている姿というのは、如何なものなのだろうか!

どうなんだろう?

で、結果。

 

メカ化、いやメカになりました。

 

お子さんの身体、

5頭身ですね。

子供と大人で一番違うのは、足の長さだそうですよ。

子供を描く場合は、大人と比べて、足の長さを短く描く必要がありますね。

 

子どもから大人への成長で、一番足の骨が伸びるということなんでしょうね。

そういえば、成長期を迎えた中高生時代に、

「足が痛い」と言っている同級生いましたよね。

そして、のちのち、急激に身長が伸びていましたよね。

 

そういうことなんですね。

 

なにはともあれ、ペン入れを行い、色をつけていきたいと思います。

どうなるんでしょうね。

 

f:id:kotobatoasobi:20170521202904j:plain

 

カラフルですね。

色の塗り方もいい感じに出来るようになるといいですよね。

そうなってくると、12色の色鉛筆だけでは難しいのかもしれませんね。

24色あると、違うのかな。選択肢が増えましからね。

 

こうしたいな~と思っても、選択デキない、そんな状況は、

出来れば避けたいですよね。

いくつかの選択肢を持っている、そうありたいものですね。

なればこそ、選択肢の中の、一つの道の先へずんずん進めるという。

不思議ですね。

なんだか逆説的だったりもしますね。

 

あんなに欲しかったモノが、

求めることをやめたら、手に入りました的な。

難しいモノですね~。

 

だいぶ話が少し反れましたが、

いい感じのモノが描けるよになるといいですよね。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。