そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

テリル ウイットラッチさん『幻獣と動物を描く』を読む!

『幻獣と動物を描く』を読む!

作者は、テリル ウイットラッチさんです。

訳・大久保ゆうさんです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170512194618j:plain

個人的にすごくいい本です。

本を開いて、4~5ページほど読んでみたら、

ワアッ!ってテンションがあがりますよ。

 

動物や幻獣が描かれているのですが、その楽し気な世界観が広がっています。

 

f:id:kotobatoasobi:20170512195816j:plain

 

 

作者のテリル ウイットラッチさんは女性です。

クリーチァー・デザイナーとして『スターウォーズ エピソードワン1/フャントム・メナス』『メン・イン・ブラック』『ドラゴンハート』といった映画にスタッフとして参加されているそうです。

 

大学で脊椎動物の動物学・解剖学を専攻されていたそうです。

ですから、幻獣は実際に存在する動物から、制作していくのですが、

その際、骨格から作成されています。

 

f:id:kotobatoasobi:20170512195854j:plain

 

作成された幻獣に、とても説得力あります。

 

 

 

私も前回、幻獣を描いてみました。

 

f:id:kotobatoasobi:20170512032721j:plain

 

ちなみに頭部にある輪は、浮き輪です。

ですから、海でも川でも溺れません。

 

少し話は反れましたが、

ぜんぜん違いますよね。

私が作成した幻獣、パンツと長靴、履いてますね。

 

また、話が反れていますね。

なにが言いたいかといいますと、知識はとても大切ですね。

余計なことを回避することがデキますよね。

 

知らなかったがために・・・。

ね。

ありますね。

情報はとても大切ですからね。

 

知ってると知らないでは、ぜんぜん違いますからね。

 

数学だって方程式を知っていれば簡単に解ける問題ありますよね。

それが、

自分で、一から方程式を探さないといけないと考えてみてください。

途方もないですよね。

 

せっかくです。

先人たちの知恵を授かりたいものですね。

時間は貴重ですからね。

 

話しは多少の遠回りをしつつも、

『幻獣と動物を描く』

本屋さんで見つけたなら、立ち読みしてみてください。

いいサプライズがある感じです。

個人的には本を開いたら、元気がでました。

 

リアルな幻獣ばかりではなく、

本後半にはディズニー化されたような動物、幻獣も掲載されています。

 

幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター

幻獣と動物を描く:精確な動物デッサンから生まれる空想上のキャラクター

 

 

 

改めて描く!

先日の『浮き輪ゴリラ』だけではアレですからね。

改めて描いてみました。

 

f:id:kotobatoasobi:20170512202848j:plain

 

パンダ・ガールです。

ちなみに、ボンド・ガールともかかっています。

なにがかかっているは、よくわかりませんが。

ただ、幻獣ではないのかもしれません。

 

よし!

再度『幻獣と動物を描く』読んでみようと思います。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。