そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

男性を描く!練習1

男性を描く!

前回、好き勝手に描いてみたところ。

普段、水着の女の人を描いているせいか、

服装を描くことが出来ないという、なんたる応用力の無さ・・・。

で、男性を描きつつ、練習していきましょう。

 

biglaugh.hatenablog.com

 

そもそも、

よくよく考えみたら、男の人を描いてきてないや!と気づきました。

さっそく、男の人を描いていこうと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170504232852j:plain

 

うん。うん。

同じ男性ということで、

おじさんを描くような、とても自由な気持ちで描けると思っていたら、

そうでもなかったです。

 

biglaugh.hatenablog.com

 

カッコイイ男性を描くなら、

パーツ位置のバランスを意識する必要があるからでしょうね。

結果、雑さが目立ってしまいました。

 

 

雑にならないよう気をつけながら、身体を描いていこうと思います。

さっそく描いてみましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170504233347j:plain

 

うん。よし!

練習が要りますね。

 

そして、 

足首から下の足(正面から)って、どう描くんだっけ?

 

biglaugh.hatenablog.com

 

よし、分からない時は、

アタリを作成していきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170504233827j:plain

 

さっそく、

描いてみましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170504235228j:plain

 

足首から下の足を描く時に注意したいのが、

くるぶしの位置ですね。

外側のくるぶしよりも、

内側のくるぶしのほうが、少し高い位置にあるということですね。

 

足の骨の位置関係の問題ですね。

そして、足の甲は、内側が高く、外側に向かってなだらかに低くなっています。

 

服を着ている男性を描く!

遅くなりましたが、目的の服を着ている男性を描いていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170505000225j:plain

 

そうですね。

もっと、大きな紙に描けば細かいところまで、

わりとキレイに描けるんじゃないだろうか。

 

上達にはまだまだ、練習と試行錯誤が必要そうですね。

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。