読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

おじさんを描く!3

おじさんを描く!

おじさんを描いていきたいと思います。

それではさっそく、描いていきましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170430172723j:plain

 

憂鬱な感じが出ていますね。

ただこれ、光の加減です。

影を外してみると、

 

f:id:kotobatoasobi:20170430173209j:plain

 

憂鬱さが抜け、木陰で休むおじさんになりましたね。

光の加減で、印象が大きくかわりますね。

 

描き方とは違いますが、

撮影の仕方も大切ですね。

そうですよね。データをそのまま掲載しているわけじゃないんですから!

今さら気づくという。

 

何はともあれ、

時々、おじさんを描くのは大切なんじゃないだろうか?

そんな気がします。

 

おじさんには多様性がありますね。

こうじゃなきゃいけないということの、範囲がとても広いんでしょうかね。

自由があります。

 

深夜、仕事を終えて帰宅。

なかなかハードな一日。

そんなときに、紙に何気に、おじさんを描いてみる。

 

生活の場でのストレス、

ふと空いた、1人きりの時間。

そんなときに、紙に何気に、おじさんを描いてみる。

 

学校生活。多感な時期。人間関係。将来へストレス。

少し気の抜ける授業中。

そんなときに、紙に何気に、おじさんを描いてみる。

 

そこに描かれたおじさんというのは、ストレスや疲れが還元され、

もはや、やさしさが描かれているかもしれませんね。

 

しなやかなおじさん、それはもはや、おばさんなのかもしれませんね。

 

だいぶ話が反れましたが、更に描いていこうと思います。

 

更におじさんを描く!

おじさんを描いていこうと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170430174955j:plain

 

おじさんを描くさい、

キレイに描かなきゃとか、上手に描かなきゃとか、

そんな気負いが生じないのが、いいですね。

 

機嫌の良いおじさんを描いていきたいものですね。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。