読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

可愛らしい女の人を描く?15

可愛らしい女の人を描く!

さっそく可愛らしい女の人を描いていきたいと思います。

それでは下描きです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170427191756j:plain

 

おっ!

なんだかいい感じじゃないか!

ひさしぶりに、少し進展がみられる。

 

というのもですね。

今回、0.3ミリのシャーペンを使用してみました。

普段は、0.5ミリのシャーペンを使用しているのですが、

個人的には使用するのは、0.3ミリの方がいいのでしょうね。

 

筆圧が強いモノですから、

どうしても線が太く、濃くなってしまいます。

 

改めて、細い線を描けるかどうかと言うのは、とても大切なのですね。

 

で、更に!

今回、色鉛筆の『うすだいだい』を購入しました!

 

f:id:kotobatoasobi:20170427192208j:plain

 

昔は『肌色』と呼んでいましたよね。

今は、『うすだいだい』と言うんですね。

グローバル化の影響ですかね。

子供ながらにも『肌色』の名前には違和感がありましたものね。

 

 

これまで、

肌の色を塗る際、オレンジ色を薄く塗って、お茶を濁していた自分が恥ずかしい。

へっへっへっ。

 

それではさっそく、線入れを行い、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170427192552j:plain

 

やはり、きちんと『うすだいだい』を使用するものですね。

適材適所。当たり前を当たりまに。ですね。

『めんどくさい』に打ち勝たねばいけませんね。

 

ただ、

どうにも髪の毛の線入れを行うと、

違和感があるんですよね。

色をつけて誤魔化した感があります。

 

これはやはり、線が太いからなんじゃないだろうか?

今回、0.3ミリのシャーペンを使用したこともあり、

そんな気がします。

 

そもそも髪の毛は細い線の集合体だ!

ならば、細い線で描けば、いい感じになるんじゃないだろうか!

 

反省点を踏まえて、さっそく、

改めて可愛らしい女の人を描いていきたいと思います。

 

改めて可愛らしい女の人を描く!

それでは下描きです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170427193341j:plain

 

目的としては、髪の毛の線入れを、

0.3ミリのシャーペンで描いたような感じで行うということです。

 

 

どうしたらいいのだろうか?

 

そこで考えました。

0.3ミリのボールペンで線入れを行えばいいんじゃないだろうか!

0.3ミリのボールペンで髪の毛を描けば上手くいくんじゃないだろうか!

へっへっへっ。

 

なぜ、今までそんな事に気づかなかったのか・・・。

なぜ、今まで、違和感を感じなかったのか・・・。

 

あっ!

気づいたということは、

成長の証なのでしょうかね。

 

なにはともあれ、

さっそく線入れを行い、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170427193656j:plain

 

あれ?

なんだろう。

先ほど描いたものよりは、少しいい感じになった気がしますが、

なんか違う。

なんか違う。

思ってたのと違う。

 

・・・・・・。

 

髪の描き方。

また、試行錯誤していきたいと思います。

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。