読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

手を描く!開いた手【練習】

手を描く!開いた手

開いた手を描く練習をしていきたいと思います。

この形の手を描くのはどうしたらいいのだろう?

 

 そんな疑問が生じるとき、ありますよね。

なんだこりゃ、どうすりゃいいんだろう的なやつですね。

 

そんな時は、

手を部分で分けて考えると、わりと上手に描けます。

どういうことかといいますと、

f:id:kotobatoasobi:20170422111912j:plain

 

親指部分、手のひら部分、その他の指部分です。

その三つにわけて描いてみると、なんだかいい感じになりそうですよ。

より正確に言うなら、手のアタリを制作して、三つの部分に分けて考えるでしょかね。

 

それでは、色々な開いた手のパターンを描いていきたいと思います。

f:id:kotobatoasobi:20170422112237j:plain

 

広げた手の四本指は、扇状に広がっているイメージで描けると、

なんかいい感じになります。

 

横からの絵を描く場合も、アタリを作成して、

親指部分、手のひら部分、その他の指部分に分けて描いてみると、

わりと、それっぽい感じで描けます。

 

さらに広げた手を描いていきたいと思います。

f:id:kotobatoasobi:20170422112654j:plain

 

指を広げた手は、指の広がりを扇が広がったように描くと、

いい感じですね。

 

問題は、握手をする手ですね。

しかも、縦から描くという・・・。

なんだこりゃ、どうしようですよね。

 

でもこれも、アタリを作成して、

親指部分、手のひら部分、その他の指部分に分けて考えると、

そこまで難しく感じることなく、描けそうですよ。

 

手は難しいですね。

ただ、幸いなのは、

自分の手をモデルに出来るところですよね。

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。