読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

身体を描く!練習3

身体を描く!

女性の身体を描いてきたいと思います。

久しぶりに身体を描こうと思ったときに、

あれ?

どうやって描けばいいのだろうと、

手が止まってしまいました。

 

 このような時はやはり、アタリですね。

まずはアタリを作成しましょう。

 

f:id:kotobatoasobi:20170418170705j:plain

 

それでは、

さっそく下描きを行っていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170418170812j:plain

 

どうでしょう。

少しぽっちゃりしてしまったでしょうか。

各々の好みはあるかもしれませんね。

 

なにはともあれ、

線入れを行い、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170418171023j:plain

 

無論、今後も練習が要りますね。

そして、実際に描いてみて思ったのですが、

『おへそ』の形、どうしよう問題が発生します。

 

縦長のおへそ、横長のおへそ、丸型のおへそ、でべそ、

そのように、おへそにも個性がありますね。

 

縦長の小さい『おへそ』が人気のようですよ。

これも、

各々の好みはありますでしょうね。

 

そして、

せっかくなので、背中も練習していきたいと思います。

 

後ろから身体を描く!

ちなみに、背中のアタリは、

正面を描いたものと同じで問題なく、描けそうです。

 

さっそく、

下描きをおこなっていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170418171928j:plain

 

ポイントは

背中のラインと、おしりのラインですね。

これがキレイに描けると、いい感じになりそうですね。

 

あれなんでしょうね。

下描きで、何度も線を描くのは、

線を探す作業なんでしょうね。

いい感じの線を、最短で発見できようになるといいですよね。

 

さっそく、

線入れを行い、色をつけていきたいと思います。

 

f:id:kotobatoasobi:20170418172433j:plain

 

ももの線、一度線入れを行ったのですが、

違うんじゃないだろうか?

そんな疑問が生じて、描き直してみました。

 

違和感を感じれること、良いことでしょうね。

自分の中に比較の対象があるということですからね。

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。