そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

陰影を描く!練習

陰影を描く!

今回は自分の絵に陰影をつけていきたいと思います。

ただ何故、陰影をつける必要があるのかを考えた場合に、

立体的に見せたいからというのが、ありますね。

 陰影をつけることが目的なのではなく、

立体的に見せるために、陰影をつけることが必要!

陰影をつけるということは、あくまで手段であるということですね。

 

目的と手段を間違えてしまうと、袋小路に迷い込んでしまうこともありますね。

しっかり考えながら、描いていきたいと思います。

 

さっそくアタリを作成したいと思います。

f:id:kotobatoasobi:20170402172349j:plain

今まで気にしていなかったのですが、

アタリの首の線(アタリ左側に図を描いてみました)ですが、

これまでは、頭からそのまま垂直に線が伸びているように描いていました。

しかし、よく考えてみると、後頭部から繋がって伸びているイメージですね。

今後、そのようにアタリを制作していきたいと思います。

 

アタリは、自分が良いと思えるモノに変化させていきたいですね。

話しが反れましたが、下描きを行っていきます。

f:id:kotobatoasobi:20170402173121j:plain

 

それでは、ペン入れを行います。

そして、左上から光が当たっているイメージで、陰影をつけてみました。

 

※ペン入れの際、右目の位置に違和感があり、微調整を行っています。

違和感を感じれるということは、何かの基準との比較なわけですから、

自分の中に、なにか少し基準のようなものが出来つつあるのかもしれませんね。

良い傾向です。ただ、基準を作成すには量をこなす必要がありそうですね。

 

ペン入れを行い、陰影をつけたモノはこちらです。

f:id:kotobatoasobi:20170402173220j:plain

 

絵に色がついていないので、わかりにくですね。

さっそく色をつけてみたいと思います。

f:id:kotobatoasobi:20170402173442j:plain

 

やはりどこか、不自然な気がしますね。

なかなか一朝一夕では、上手くはなれませんね。

引き続き、練習を重ねていきたいと思います。

今後の課題として、色の塗る方も考えていきたいと思います。

 

 

今回、陰影を描くにあたり、考え方を勉強させてもらったサイトです。

www.clipstudio.net

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。