読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

寺田克也さん『絵を描いて生きていく方法?』を読む!

絵を描いて生きていく方法?を読む!

 

ラクガキングこと、寺田克也さん!

名前をご存じない方も、絵を見れば『ああっ!』

と、なると思われます。

 

f:id:kotobatoasobi:20170327112712j:plain

 

 

 

 

『絵を描いて生きていく?』

フリーランスイラストレーターとして30年間過ごしてきた寺田克也さんが、どう考え、どう描き、絵が上手くなるための方法を含め、どう生きてきたのかを語る、濃厚な1冊になっています。

 

項目
  1. 電車にのっておじさんを描く
  2. 絵を描くのは何故めんどくさいか
  3. 想像力の邪魔をしないでいただきたい
  4. 立体的におじいさんをいじる
  5. 美人ってなに?
  6. 魔法の道具とスグーデ・キールの呪い
  7. 看板をあげてみる
  8. それじゃあここらでシゴトの絵を描いてみますよ![メイキング下描き編]
  9. それじゃあここらでシゴトの絵を描いてみますよ![メイクング着色編]
  10. 見ることと描くことと話すこと
  11. ライブで描く、ひたすら線を引いていく
  12. 絵をたのしむぜ
  13. マンガとイラストで人生を語る
  14. 絵を売る
  15. 絵描きとしてできること
  16. 絵を描いて生きてきた
  17. 運が大事

 

312ページあるのですが、ページ数以上に内容の濃い一冊でした。

インタビュー形式(堅苦しいものではなく、ちょっとした知り合いとの軽い会話ような雰囲気です。)で内容は構成されているのですが、寺田さんが冗談交じりにも、とてもちゃんと質問に答えてくれています。

 

寺田さんが、絵を描く際に使用しているツールを含め、学生時代の話や、考え方まで、

多岐にわったて、充実の一冊になっています。

 

16 絵を描いて生きてきた

より一部抜粋。

ー持ち上げているわけじゃないですけど、寺田さんは周りが放っておかなかったタイプの方じゃないですか?

 

寺田 違うなあ。二十代の頃は違います。やっぱりフツーに描けていたからってほうが大きいと思います。フツーに描けるんだなってことがわかってもらえて、そういう仕事ができてたってだけですよね。

 

 寺田克也さんのライブドローイングです。

マジック一本とこれまでの経験を武器に、どんどん絵を仕上げていきます。

 

寺田さんの絵から、これまでの蓄積のような強いものを感じますね。 

 

 

絵を描いて生きていく方法?

絵を描いて生きていく方法?

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。