そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

女の人を描く!練習

今回は女の人を描いていきたいと思います。

描いていくにあたって、何か発見があればいいなと思います。

 

描きたいと考えているのは、

 

・腕・足の出ている服を着ている女の人

・水着の女の人

・躍動している水着の女の人

 

身体を描く練習をしていきたいですね。

そして、女の人を描くんです。もちろん、できるだけ可愛らしく!

今回はすべて七頭身で作成しています。

 

 

 

腕・足の出ている服を着ている女の人のアタリです。

f:id:kotobatoasobi:20170319023231j:plain

 

アタリの中心の線は、背骨を意識するといい感じです。

動きのある絵は描いていて面白いのですが、難しいですね。

 

そして、線を太くして色をつけてみました。

f:id:kotobatoasobi:20170319023749j:plain

うん。

腕・足の線をもっと自然に見えるようしていきたいですね。

それでも、最初と比較すると、形にはなってきた気がしますが、

致命的なのは・・・。

可愛らしくないという・・・。

う~ん。

顔を描く練習もしっかりしていきたと思います!

 

 

 

水着の女の人のアタリです。

f:id:kotobatoasobi:20170319024156j:plain

これ、腕・足の出ている服を着ている女の人のアタリとは、

違うアタリを作成して描いています。

どういう絵を描くのか、

描きやすさによっては、アタリを変えるというのはアリでしょうね。

 

それでは線を太くして、色をつけてみましょう。

f:id:kotobatoasobi:20170319024655j:plain

ももが太くなってしまうという・・・。

これ実は、テレビを見ながら描いてしまいました。

しっかり集中してやる必要がありますね。

アタリを作成した段階で太ももが太いということに気づいていないという・・・。

 

せっかく上手くいきそうだった絵が、最後の大失敗なんてことも、

そうなったら、ショックは大きいですね。

考えながら描くというのは大切ですね。

 

 

 

躍動している水着の女の人のアタリです。

f:id:kotobatoasobi:20170319025112j:plain

 

躍動している瞬間というのは、これは難しいですね。

線を太くして、色をつけてみましょう。

f:id:kotobatoasobi:20170319025226j:plain

う~ん。

困ったな~です。

問題点が多すぎて、具体的な一つに絞れないという・・・。

 

今回、三点の作成して思ったのは、

集中して描かなきゃ上手くならないぞ!時間の濃度がもったいない。

構図によってはアタリを変えてみるのもありなんじゃ!

 

もっと身体への理解が必要ですね。特に

表情の練習も率先して行う必要がありそうですね。

 

素敵な絵を描くというのは一朝一夕ではありませんね。

上手な人がささっと描いて上手いと言うのは、蓄積の末なのでしょうね。

うん。うん。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。