そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

アタリを描く!少しだけコツがわかった!気がする?

前回、アタリを作成して肉づけをしたのですが、

あまりバランスの良くないモノが出来上がってしまいました。

 

問題なのは下半身ですね。

前回のアタリは、がに股になってしまっていました。

 

上手く描けるよう、今回は別のアタリを作成していきたいと思います。

 

 

七頭身のアタリ(男性)です。

f:id:kotobatoasobi:20170317220244j:plain

 

八頭身のアタリ(男性)です。

f:id:kotobatoasobi:20170317220550j:plain

 

そして、

七頭身のアタリ(女性)です。

f:id:kotobatoasobi:20170317220650j:plain

 

そして、

八頭身のアタリ(女性)です。

f:id:kotobatoasobi:20170317220738j:plain

 

バランスよく描けるのかどうか、

確認したいと考え、七頭身のアタリと八頭身のアタリを作成してみました。

バランスよく描けるのか、肉づけをしていきたいと思います。

結果がこちらです。

f:id:kotobatoasobi:20170317220925j:plain

う~ん。

字が切れてしまっているのは、申し訳ありません。

それにしても、これ、絶対また、がに股になっていますよね。

 

何が問題なのか、再度考えてみました。

ももが太くなってしまっているというのが、問題なんだと思いました。

で、改めて作成し直しました。

そのアタリがこちらです。

 

f:id:kotobatoasobi:20170317221324j:plain

どうです?

なんだか、がに股にはならなそうじゃないですか?

思わず、やった!と声が出ました。

 

で、どこを変えたのかと言いますと、

ハート型の腰骨のつけ根中央から、

足のアタリが出ていますね。

 

その足のアタリの角度を小さくしてみました。

f:id:kotobatoasobi:20170317221959j:plain

 

物事の根幹にかかわる部分だからでしょうかね。

ほんと小さな直しで変わってきますね。

 

f:id:kotobatoasobi:20170317222510j:plain

 

今後、腰のつけ根の角度を意識して描いていきたいと思います。

 

ただ、やみくも練習するだけでなく、

知識の必要さを感じています。

 

名書と評判である。

ジャック・ハム著作

人体のデッサン技法』を購入してみました。

 

f:id:kotobatoasobi:20170317224620j:plain

 

どんな内容なのか、なんだかドキドキです。

わくわくしますね。

学んだことを、ぜひ、今後の制作に活かしていきたいと思います。

 

 

人体のデッサン技法

人体のデッサン技法

 

 

 

レッツゴーブレイクスルー!ですね。

ではでは。