そうだ!画力を、あげよう。

イラスト制作の初心者がコツコツとイラスト制作の上達を目指すブログです。その過程で参考になった本やサイトを紹介していきます。

体のアタリを描く!練習

体のアタリを練習していきます。

写真から逆算して、アタリを描いていこうと思います。

 

 

今回、このようなアタリを制作しました。

f:id:kotobatoasobi:20170315194746j:plain

この図は六頭身のモノですが、

写真に合わせて、七頭身に変えていこうと思います。

 

作成にあたり、なにか気づくことがあればと思います。

 

1.ランニングする男性

f:id:kotobatoasobi:20170315195345j:plain

 

アタリはこのようになりました。

f:id:kotobatoasobi:20170315195432j:plain

これは七頭身で作成しています。

うん。どうなんでしょうね。

あとで、肉付けをしてみます。

 

 

2.水着の女性

f:id:kotobatoasobi:20170315195728j:plain

 

アタリはこのようになりました。

f:id:kotobatoasobi:20170315195814j:plain

 

アタリを作成することで、男性・女性の骨格の違いわかりました。

男性の肩幅は広く、腰の幅と同じくらいの大きさになりました。

しかし、

女性の場合は、肩幅は腰の幅よりも小さくなっています。

台形のようなイメージです。

 

 

3.ポーズを決める男性

f:id:kotobatoasobi:20170315200353j:plain

 

アタリはこのようになりました。

f:id:kotobatoasobi:20170315200505j:plain

片足立ちに近いポーズですよね。

そうなると、体のアタリを作成するにあたって、足の位置がとてもきになりました。

どういうことかというと、重心の置き場所です。

 

自分で変な位置に足を描いてしまうと、あれ?ここじゃ、立ってられないよな。

そんな風に気づくことがデキます。

アタリを描くことで、自然に人間が立てる姿勢が分かりやすくなりました。

 

4.ヨガをする女性

f:id:kotobatoasobi:20170315201516j:plain

 

アタリはこのようになりました。

f:id:kotobatoasobi:20170315201553j:plain

 

そっか、そっか。

こんな姿勢もあるのか~。難しいですね。

あとで肉づきさせていきます。

 

5.バレエを踊る女性

f:id:kotobatoasobi:20170315202018j:plain

 

アタリはこのようになりました。

f:id:kotobatoasobi:20170315202135j:plain

 

う~ん。

なんじゃこりゃ!ですね。

難しいですね。ジャンプしている場合は重心の位置どうしたらいいのでしょうね。

 

絵が上手な人がささっと描いたような風には、ほど遠いですね。

やはり日々の蓄積が必要なんでしょうね。

いろんなポーズを描けるようになると楽しいでしょうね。

 

分からない箇所は調べて、

今回制作したアタリを肉づけしていきたいと思います。

 

追記

1.ランニングする男性

肉づけしました。

f:id:kotobatoasobi:20170315234010j:plain

 

4.ヨガをする女性

肉づけしました。

f:id:kotobatoasobi:20170315234104j:plain

う~ん。

人物の素肌が出ている箇所が、不自然な気がしてしまいますね。

アタリに肉づけしていくことを考えて、

身体を描くことを、今後より考えていきたいと思います。

 

レッツゴーブレイクスルー!

ではでは。